フォローする

有給管理画面(有給休暇を一覧で管理する)

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • エンタープライズ
有給休暇の管理を行なうための一覧画面です。
未取得のまま失効する有給や、前回付与からの1年間の取得状況などを確認できます。
有給管理を利用するには、あらかじめ従業員に『有給管理設定』を行なっている必要があります。
このページでは、管理者の方が有給休暇を管理する方法についてご案内します。
 


有給管理画面


  1. 管理画面から有給管理を開きます
    kanri.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    上部メニューから『休暇』を選択し、『有給管理』をクリックします。
  2. 有給管理の全体イメージです
    kanri.png

各項目の詳細(クリックすると開きます)

各項目の詳細

項目 詳細
①お知らせ 失効予告がある場合、一覧で表示されます。
【既読にする】をクリックすると一覧では非表示になりますが、『過去のお知らせをみる』から確認できます。
※失効予告は期限の該当月に表示されます
②従業員の表示設定 従業員の絞り込みが可能です。
詳細については従業員検索をご参照ください。
③従業員一覧 ②の表示設定の結果が表示されます。
有給の付与設定や、表示時点での取得状況などが一覧で確認できます。
詳細については一覧表示の見方をご参照ください。


従業員検索

従業員数が少ない場合は問題ありませんが、数十人〜数百人の規模になると、全員の一覧表示から該当の従業員を見つけることも大変な作業になります。
従業員を絞り込み、必要な従業員だけを表示させることができます。


  1. 表示させたい従業員を検索します
    kanri.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    検索に使用する各項目については下記の表をご覧ください。

各項目の詳細(クリックすると開きます)

各項目の詳細

項目 詳細
イニシャル 従業員の基本情報に登録している、『フリガナ』を参照して表示します。
従業員ラベル デフォルトでは『全ての従業員ラベル』にチェックが入っています。
『全ての従業員ラベル』のチェックを外すと、各従業員ラベルが選択可能になります。
※従業員ラベルに項目を表示させるには、あらかじめ従業員ラベルの登録が必要です
※従業員ラベルの登録についてはこちらをご参照ください
警告が出ている従業員のみ表示 『取得義務監視設定』で期限の設定を行なっている場合のみ表示される項目です。
表示される期限の設定は『取得義務監視設定』に沿ったものとなります。
※『取得義務監視設定』についてはこちらを参照ください

検索オプション項目

項目 詳細
従業員 従業員の基本情報に登録している、『名前』『フリガナ』を参照し、部分一致で検索結果を表示します。
社員番号 項従業員の基本情報に登録している、『社員番号』を参照し、部分一致で検索結果を表示します。
退職者表示 一覧表示に退職済みの従業員を含めます。
※『退職済み』とは、従業員の基本情報に退職日(表示現在よりも過去の日付)を登録している従業員を指します
※一覧に表示させるには、従業員の『利用』がONである必要があります


一覧表示の見方


  1. 従業員が一覧で表示されています
    kanri.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    『有休管理』の画面を開いた際にデフォルトで、下記の状態で表示されます。

    『イニシャル:ALL』
    『従業員ラベル:全ての従業員ラベル』
    『前回の付与』から1年間の状況
    『付与:昇順』
    『表示件数:30件』

    各項目の詳細(クリックすると開きます)

    各項目の詳細

    項目 詳細
    従業員 従業員名が表示されています。
    項目名をクリックすることで昇順/降順の切り替えが可能です。
    入社日/勤続年数 入社日(上段)と勤続年数(下段)が表示されています。
    項目名をクリックすることで昇順/降順の切り替えが可能です。
    有給残日数 取得可能な有給休暇の残日数が表示されています。
    申請中の有給休暇は残日数には含めません。
    項目名をクリックすることで昇順/降順の切り替えが可能です。
    付与方法 有給休暇を付与する設定が表示されています。
    自動付与を設定している場合、週の勤務日数設定も確認可能です。

    1年間の状況

    項目 詳細
    期間の指定 デフォルトは『前回の付与』が指定されています。
    左右の矢印で確認する期間の選択が可能です。
    付与 有給休暇が付与された日時(上段)と、その際に付与した有給休暇日数(下段)が表示されています。
    付与された有給休暇の日数が年10日以上の場合、企業はこの『付与された日時』から1年間の間に従業員に対して5日間の有給取得(消化)を行なわせる義務があります。
    取得日数 上記の付与日時から、1年間で有給休暇を取得(消化)した日数が表示されています。
    取得義務監視設定をONにしている場合、設定期間に応じて不足日数が表示されるようになります。
    ※残り期間によって不足表示のカラーが変わりますr
    詳細 対象従業員の有給休暇の詳細な情報が確認できます。
    ※有給休暇の詳細な設定については有給休暇の設定をご参照くださいr
    ••• 有給休暇管理簿出力
    対象従業員の『有給休暇管理簿』(1名分)を出力できます。
    有給休暇取得義務警告メール送信
    該当従業員へ『有給休暇取得義務警告メール』(1名分)を送信できます。
  2. 各項目から、有給休暇を確認/一括処理します
    kanri.png
    『有給休暇取得義務警告メール』と『有給休暇管理簿』の一括処理と、表示件数の確認。
    一覧に表示されている従業員から、各項目の対象者の分を一括で処理できます。

各項目の詳細(クリックすると開きます)

各項目の詳細

項目 詳細
有給休暇取得義務警告メール 取得義務監視設定で警告対象期間に入っている従業員に向けてメールを送信します。
有給休暇管理簿一括出力 有給休暇が付与されている従業員ごとの管理簿を、複数ページのPDFとして1ファイルで出力します。
該当件数 従業員の絞り込みの該当件数です
件数 一覧に表示する従業員の件数を選択できます。
(30件/60件/90件/120件)
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ