フォローする

給与へ『支給』や『控除』を追加する(『手当』の追加)

plan_timecard_02_over_premium.jpg
従業員の給与に手当を追加することができます。
手当には支払額へプラスする『支給』と、支払額からマイナスする『控除』があります。
資格手当・住宅手当などは『支給』、まかない代徴収などは『控除』です。
手当は給与へ直接付与する『手動』と、設定しておき決まったタイミングで付与する『自動』があります。

手当の課税対象や雇用保険の計算については

以下のページに情報をまとめております。

手当を手動で付ける

  1. 管理画面の『給与 > 月別の給与詳細』を開きます。
    01.png
  2. 手当や控除を登録する従業員の、給与明細欄の【明細】をクリックします。
    02.png
  3. 従業員の給与明細が表示されます。
    給与明細にある【手当を追加】をクリックします。
    03.png
  4. 手当を追加する画面が表示されるので、必要な内容を入力します。
    入力が完了したら下部の【追加】をクリックして登録します。
    入力項目については下記の表をご参照ください。
    04.png
    項目 内容
    支給・控除 手当の区分を決定します。
    給与にプラスするものであれば支給、給与からマイナスするものであれば控除を選択してください。
    手当名 手当の名前を入力します。(任意)
    金額 手当の金額です。
    半角数字で入力してください。
    数量 手当の数量です。上記の金額が設定した数量分付与されます。
    例えば、資格手当を1つつけるのであれば「1」、まかない代を10回分引くのであれば「10」と入力します。
    雇用保険の計算対象 雇用保険料の計算に含める対象かどうかを設定します。
    課税 課税対象かどうかを設定します。
  5. 手当が給与明細に反映されました。
    05.png
 

手当を自動で付ける

  1. 管理画面の【従業員】をクリックし、従業員一覧画面から手当の自動付与を設定する従業員名をクリックします。
    06.png
  2. 【給与】を選択し、【設定を編集】をクリックします。
    07.png
  3. 給与項目内の自動手当から【手当の自動付与設定を追加】をクリックします。
    08.png
  4. 手当を登録画面が表示されるので、必要項目を入力します。
    入力が完了したら下部の【手当の自動付与設定を追加】をクリックします。
    入力項目については下記の表をご参照ください。
    09.png
    項目 内容
    支給区分 給与にプラスするものであれば支給、給与からマイナスするものであれば控除を選択します。
    手当名 手当の名前を入力します。(任意)
    区分 手当が反映されるタイミングを設定します。
    勤務ごと:出勤の打刻を行なうごとに手当を付与します
    月額:毎月の給与へ設定額が付与されます
    休憩ごと:休憩の打刻ごとに手当を付与します
    金額 手当の金額です。
    半角数字で入力してください。
    適用開始時期 手当の付与を開始する時期を設定します。
    開始する時期は入力必須です。
    適用終了時期 手当の付与を終了する時期を設定します。
    対象事業所 手当の自動付与の対象となる事業所を選択します。
    事業所を設定した場合、該当の事業所で勤務を行なった場合に付与されます。
    雇用保険の計算対象 雇用保険料の計算に含める対象かどうかを設定します。
    課税 課税対象かどうかを設定します。
    割増計算に含める 時間外労働や深夜労働の割増賃金設定を適用している場合、割増計算にこの手当を含めるかを設定します。
  5. 手当の自動付与設定後、内容に間違えがなければ、従業員情報編集画面下部の【設定を保存】をクリックして確定します。
    10.png
  6. 給与明細に追加された自動手当の設定内容が反映されます。
    11.png

ワンポイントアドバイス

賞与を追加する方法については、以下のページをご覧ください。
賞与の追加と管理

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください