フォローする

【店舗管理】店舗の登録をする

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • エンタープライズ
タイムカードを使用する店舗の作成方法を案内します。

操作手順

  1. タイムカード管理画面の「店舗」をクリックし、店舗を管理する画面を開きます。
  2. 「新しい店舗を作成する」をクリックし、店舗登録画面を開きます。
  3. 店舗登録画面で、店舗の各情報を入力します。
    入力が完了したら画面下部の「次へ」をクリックして登録することができます。
    登録が可能な項目は画像下の表をご覧ください。

    店舗に登録できる項目

    項目 内容
    店舗名 店舗の名前を入力します。
    フリガナ 店舗名のフリガナを入力します。
    店舗名略称 画面に表示される店舗名を入力します。
    郵便番号 店舗の郵便番号を入力します。
    住所 店舗の住所を入力します。
    電話番号 店舗の電話番号を入力します。
    写真撮影機能 端末の写真撮影機能を使用する場合
    撮影するタイミングにチェックを入れてください。
    シフト管理単位 設定したシフト管理単位に基づいて、出退勤の実績を計算します。
    例えば、シフト管理単位を15分にした場合、11:46-12:00までの出勤を12:00とし、
    12:00-12:14の退勤を12:00として計算します。

    より細かく設定をする場合は、「詳細設定」にチェックを入れることで、出勤・退勤・休憩毎にシフト管理単位と計算方法を設定することができます。
    休憩時間自動設定
    (時間指定)
    あらかじめ店舗の休憩時間が決まっている場合に入力しておくと、
    その時間に出勤しているスタッフが休憩の打刻しなくても自動で休憩時間が入力されます。
    例えば、休憩時間自動設定:12:00~13:00と設定すると 、09:00~18:00の勤務の場合に自動的に休憩時間が設定されます。
    休憩時間自動設定
    (条件指定)
    休憩時間が勤務時間ごとに異なる場合に設定しておくと、勤務時間によって休憩時間を変更することができます。
    例えば、優先度1に8時間以上60分と入力し、優先度2に6時間以上45分と入力すると、6時間勤務と8時間勤務で異なる休憩時間の設定となります。
    優先度順に休憩時間が反映される為、入力する勤務時間は必ず勤務時間が長い順番に入力します。

    設定方法には、休憩時間が反映される時間を出勤後に行うか、退勤前に行うかを設定できます。時間帯によって時給が異なる場合に、どちらの時間帯で休憩時間を引くのかを設定することができます。

    また、優先度の項目の左側をクリックし移動すると優先度を変更することができます。
    営業日開始時刻 この項目は新規作成でのみ設定が可能です。
    営業日が始まる時刻を入力します。
    深夜営業等をしていない場合、 基本的には00:00が開始時刻になります。
    締め日 この項目は新規作成でのみ設定が可能です。
    毎月の給与計算を行う締め日を入力します。
    表示順 複数店舗ある場合、画面に表示される店舗の並び順を設定できます。
    例えば、一番上に表示したい場合は「1」と入力します。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください