フォローする

シフト管理単位と打刻の丸めについて

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • エンタープライズ
スマレジ・タイムカードは、事業所の基本情報で【シフト管理単位】の設定を行なえます。
【シフト管理単位】とは、従業員の方が打刻を行なった際に、設定している範囲(15分刻みなど)で丸めを行なうための設定です。

『打刻の丸め』とは

打刻した時刻を、設定した単位で切上げ/切捨てする設定です。
企業や事業所ごとに様々な設定があるため、スマレジ・タイムカードでは詳細な設定が可能となっています。

残業代計算を切捨て丸めで行なうことは違法です

残業代は、本来1分単位で計算して算出する必要があります。
そのため、シフト管理単位の機能によって『業務を行なった期間が丸めによって切捨てられた』という状態にならないよう、運用にご注意ください。

 
 

スマレジ・タイムカードに於ける時刻丸めの適用

スマレジ・タイムカードのシフト管理単位は、各時刻の00分からスタートし、設定した単位ごとで区切って時刻の前後が行なわれます。
シフト管理単位は『1分/5分/10分/15分/20分/30分/60分』、
計算は『切上げ/切捨て』を選択できます。
それぞれの単位と、打刻時の丸め範囲については以下の表をご確認ください。

シフト管理単位 1時間の分割数 丸めイメージ
1分 1時間を60分割して管理します。 【切上げ】8時01分 → 8時02分
【切捨て】8時01分 → 8時00分
5分 1時間を12分割して管理します。 【切上げ】8時01分 → 8時05分
【切捨て】8時04分 → 8時00分
10分 1時間を6分割して管理します。 【切上げ】8時01分 → 8時10分
【切捨て】8時09分 → 8時00分
15分 1時間を4分割して管理します。 【切上げ】8時01分 → 8時15分
【切捨て】8時14分 → 8時00分
20分 1時間を3分割して管理します。 【切上げ】8時01分 → 8時20分
【切捨て】8時19分 → 8時00分
30分 1時間を2分割して管理します。 【切上げ】8時01分 → 8時30分
【切捨て】8時29分 → 8時00分
60分 1時間を分割なしで管理します。 【切上げ】8時01分 → 9時00分
【切捨て】8時59分 → 8時00分
 

丸め適用のイメージ

実際に打刻した際、どのように丸めが適用されるのかについてのイメージです。
打刻の時間として記録には表示していませんが、打刻時はシステム上『秒』を確認しています
シフト管理単位で両端になる分の【00秒】のみ、丸め範囲には含まれません
丸めが適用された結果は、設定した単位ごとの【XX分00秒】として扱われます

打刻時は『コンマ秒』を確認しています。

表示上は秒までしか表示されていませんが、タイムカード上では秒以下の
『コンマ秒』(〜分00.00秒)まで認識しています。
丸め単位に含められないのは、各シフト管理単位の両端になる分の【00分00.00秒】の場合のみです。
そのため、10時から出勤のシフトだった場合に打刻時間が『10時00分00秒』の場合でも、
内部では『10時0分00.01秒』などとなります。
この場合、業務開始時刻を越えているため【遅刻】となります。
管理画面から直接時刻を入力した場合、入力時刻はすべて「00.00秒」扱いとなります
...
...

 

実際に打刻を行なった際の丸めイメージ

...
...

『シフト』を入力している際の「遅刻/早退」

勤務予定としてシフトを入力していると、「遅刻/早退」の管理などが可能になります。
スマレジ・タイムカードでは、「遅刻/早退」を実際に出退勤の打刻を行なった時間で判定しています。

例えば、【シフト:10時00分〜19時00時】の状態で「10時01分に打刻」すると、
シフトの10時00分出勤を越えているため、勤怠上は遅刻と判定され、勤怠画面に遅刻表示が追加されます。
シフト管理単位の丸めを「15分:切捨て」などにしている場合、丸めが適用されるため、出勤時間は10時00分となりますが、扱いは遅刻のまま変更ありません。
(管理単位の丸めで10時00分01秒〜10時14分59秒が10時00分00秒扱いとなる)

表示は『10時00分に出勤』ですが、『遅刻』と判定された状態になります。

上記のような状態を防ぐため、切上げ/切捨ての設定は適切に行なうようご注意ください。
10時00分00秒に打刻した場合は、丸めに含められないため遅刻にはなりません
この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください