フォローする

賃金形態(時給・日給・月給)の設定

警告

2018年1月16日にタイムカードはver.2.0.0へアップデートされました。
このアップデートにより、複数店舗へ所属している『賃金形態が月給のスタッフ』の、給与の計算と表示方法が変更されています。
詳細についてはこちらをご覧ください。
 

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • エンタープライズ
現在、時給で給与管理しているスタッフを、日給・月給に変更する方法を案内します。

時給・日給・月給の設定をする

スタッフを登録する際に、賃金形態を選択することができます。

  1. タイムカード管理画面の「スタッフ」をクリックし、スタッフを管理する画面を開きます。
  2. 「新しいスタッフを作成する」をクリックし、スタッフ登録の画面を開きます。
  3. スタッフの登録画面で、賃金形態の設定と金額を設定します。
    「賃金形態」の欄で変更したい形態(日給、月給等)を選択します。(月給の場合は月の平均労働日数も入力してください)
    「賃金」の欄には、賃金形態が時給であれば時給の金額、日給であれば日給の金額、月給であれば月給の金額を入力します。
  4. 入力が完了したら、画面下部の「保存」をクリックします。

賃金形態の変更をする(時給から月給、月給から日給等)

すでにスタッフに登録している時給を月給に変更したり、月給から日給に変更をする方法です。

  1. タイムカード管理画面の「スタッフ」をクリックします。
  2. スタッフの一覧が開きます。給与形態を変更するスタッフをクリックします。
  3. スタッフの画面が開くので「編集する」をクリックして編集画面を開きます。
  4. 設定画面が表示されます。
    「賃金形態」の欄で変更したい形態(日給、月給等)を選択します。(月給の場合は月の平均労働日数も入力してください)
    「賃金」の欄には、賃金形態が時給であれば時給の金額、日給であれば日給の金額、月給であれば月給の金額を入力します。
  5. 入力が完了したら、画面下部の「保存」をクリックします。
  6. メッセージが表示されますので「はい」をクリックして設定することができます。

注意してください

時給から日給・月給に変更すると、当月の給与にも反映されます。
当月はまだ時給のままにしておきたいという場合は、締め日以降に設定変更を行って下さい。

これまでは店舗別に月給設定が可能でしたが、タイムカード ver 2.0.0以降は月給の設定は店舗を分けて設定することができなくなりました。


例)A店、B店に所属して働く社員のCさんの場合

【タイムカード ver 2.0.0 以前】

A店舗・・・基本給 20万円
B店舗・・・基本給 20万円
と設定した場合、
ーーーーーーーーーーーーーーーー
総合・・・基本給 40万円(それぞれの店舗の基本給が合計されてしまう)
上記のように計算されるため 、片方の店舗を基本給 0円としていただいていました。
(もしくは両方の店舗とも基本給 10万円に設定する…など)


【タイムカード ver 2.0.0 以降】

月給を設定している場合、店舗別の給与明細では基本給が表示されなくなります(基本給の項目には ”0.00” と表示されます)。
「給与(総合)」の明細に、スタッフへ設定した月給額が表示さるようになります(月給20万円の場合は基本給の項目に ”200,000.00” と表示されます)。

また、【タイムカード ver 2.0.0 以前】の設定で運用いただいていたお客さまには、 改めてスタッフの月給を設定し直していただく必要がございます。
設定方法についてはこちらのページをご覧ください。

----------

本アップデートに伴い、店舗ごとに設定されていた月給につきましては、今後以下のように処理されます。

*店舗A 200,000 / 店舗B 200,000 と設定している場合は『基本給 200,000』
*店舗A 300,000 / 店舗B 0 と設定している場合は『基本給 300,000』
*店舗A 400,000 / 店舗B 100,000 と設定している場合は『基本給 400,000』

複数店に月給を登録している場合、登録額が大きい方を基本給として適用する処理を行なっております。
複数店舗の合計値を基本給として登録されたい場合、お手数ですがスタッフ設定から「賃金設定」を改めて登録していただくようお願いいたします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください