フォローする

ワークフローの申請・承認方法

plan_timecard_03_only_enterprise.jpg
従業員自身が購入稟議や入社申請など、ワークフローを利用し申請を行なうことが可能です。
このページでは、購入稟議の申請方法についてご案内しています。

ワンポイントアドバイス

ワークフローの申請を行なう前に、ワークフローの作成が必要です。
設定方法については、以下のページをご覧ください。
【申請経路】ワークフローの設定方法

ワークフローの申請方法

従業員アカウントで管理画面へログインし、『ワークフロー > 申請一覧』と開きます。

  1. 申請一覧画面の『新しい申請を作成』をクリックし、ワークフローの申請を行ないます。
    work01.png
  2. 【使用するワークフロー】で、申請するワークフローを選択します。
    選択することで、申請に必要な入力フォームが表示されます。
    入力完了後、『申請』をクリックします。
    work02.png

①申請者が承認対象に含まれている場合の承認方法

申請した内容に対して、申請者自身が承認者として指定された従業員グループ・役職に所属している場合は、 申請者自身で【却下・保留・承認】を行なうことが可能です。

  1. 管理画面の『ワークフロー > 申請一覧』と開きます。
    work03.png
  2. 申請した内容に対して【承認】がクリックできる状態となります。
    『却下』または『保留』とする場合は申請内容に対し『却下』または『保留』とする場合をご覧ください。
    syounin_03.png

②申請者が承認対象に含まれていない場合の承認方法

申請者自身に承認者として指定されていない場合は、承認者に指定された従業員が承認操作を行なう必要があります。

  1. 承認者に指定されていない従業員が申請した場合は、申請内容を再送信可能なボタン表示となります。
    承認者に指定された従業員は、申請内容がメールで届くため再度メールで送信することが可能です。
    work06.png

申請内容に対し『却下』または『保留』とする場合

従業員アカウントで管理画面へログインし、『ワークフロー > 申請一覧』と開きます。

  1. 申請内容に対して『却下』または『保留』とする場合は【詳細】をクリックします。
    syounin_04.png
  2. 画面右下の【却下】または【保留】ボタンをクリックします。

    【却下】
    申請内容を却下します。
    【保留】
    申請内容を保留状態とします。
    保留した申請内容は後ほど『承認』または『却下』することが可能です。
  3. 『保留』状態となった申請内容は、申請一覧で保留状態表示となります。
    syounin_06.png
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください