【重要】スマレジ・タイムカードは5月のアップデートで『定額減税』に対応予定です
フォローする

勤務パターンを設定する

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • エンタープライズ

スマレジ・タイムカードでは、あらかじめ勤務予定の時間をパターンとして登録することで、実績を直接登録または編集する場合や、シフト作成時に活用することができます。

実績を直接登録/編集時の活用例はこちら

画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
kinmu_pattern04.png
今月の実績画面で、実績を直接登録または編集する日付をクリックすることで、勤務実績時間が入力できます。
入力画面で登録した勤務パターンが選択できるため、簡単に登録/編集することができます。

シフト作成時の活用例はこちら

画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
kinmu_ pattern.png
かんたんシフト作成画面で、選択した勤務パターンを該当日に登録することができます。
設定したカラーで表示されるため、視覚的にも確認しやすい状態となります。

 


勤務パターンを追加/編集する

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. 管理画面から事務所一覧を開きます

    左メニューから『事業所 > 事業所一覧』をクリックします。
  2. 勤務パターンを追加する事業所を選択します
    image02.png
    事業所一覧から、勤務パターンを追加する事業所をクリックします。
  3. 選択した事務所に勤務パターンを設定します
    kinmupattern_01.png

    事業所情報画面で『勤怠』を選択します。

    【勤務パターンを追加】をクリックします。
    編集する場合は、編集したい勤務パターンの【編集】をクリックします。

  4. 勤務パターンの内容を入力します
    kinmu_pattern02.png
    『カラー』『勤務パターン名』『出退勤時間』『休憩時間』を設定します。
    詳しくは、画像下の表をご確認ください。
    項目 説明
    カラー 『かんたんシフト作成』を利用する際に、カラーで勤務パターンが区別できるようになります。
    かんたんシフト作成は、プレミアムプラン以上で利用できます
    勤務パターン名
    必須
    勤務パターンの名称を入力します。(15文字以内)
    例:早番/遅番など
    勤務パターン略称 勤務パターン名の略称を入力します。(4文字以内)
    利用時には、ここで入力した略称が表示されます。
    例:早番/遅番など
    勤務/休憩1/休憩2
    『勤務』のみ必須
    勤務パターンを選択した場合に適用される勤務時間を設定します。
    休憩時間が決まっている場合は、休憩も合わせて設定します。
  5. 設定を保存します
    kinmu_pattern03.png
    【保存】をクリックし、勤務パターンの設定が完了します。
    既存の勤務パターンを編集した場合は【編集】をクリックします
この記事は役に立ちましたか?
5人中4人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ