フォローする

残業の申請方法

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • エンタープライズ

従業員が残業を行なった場合に、従業員自身が管理者へ残業申請を行なうことができます。
申請された内容は、あらかじめ設定された承認者が承認し管理します。
このページでは、承認の申請経路を設定と従業員の申請方法についてご案内します。

管理者の設定

管理者が『ワークフロー管理』を設定していただく必要がございます。

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. 管理画面からシステムワークフローを開きます

    左メニューから『従業員 > ワークフロー > ワークフロー設定 > システムワークフロー』をクリックします。
  2. 申請経路の編集ページを開きます

    『勤怠』の項目の【編集】をクリックし、承認までの申請経路を追加します。
  3. 申請経路の設定をおこないます

    【勤怠】画面で【申請経路を追加】をクリックし、申請経路追加後に【保存】をクリックします。

従業員の申請方法

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. 残業申請を行なうページを開きます

    タイムカード管理画面の『トップ』を開き、『カレンダー表示箇所で残業申請を行なう日付 > 【・・・】マーク > 【残業申請】』の順に選択します。
  2. 残業申請を入力します

    『見込み労働時間/申請理由(メモ)』を入力し、『申請経路』を指定後、【申請】をクリックします。

    残業申請に入力する項目

    項目 内容
    勤務日 残業申請をする日付が自動で入力されます。
    見込み労働時間 残業をした時間、またはする予定の時間を入力します。
    申請理由(メモ) 例えば「飛び込みのお客様がご来社のため残業」等の理由を入力してください。
    申請経路 申請した内容が承認されるまでの経路を選択します。
    承認フローはあらかじめ設定しておく必要があります。
  3. 申請された残業申請は申請一覧で確認できます

    管理者が『ワークフロー > 申請一覧』を開き、【承諾・拒否・保留】することができます。

ワンポイントアドバイス

残業の申請以外にも、『深夜労働の申請』や『休日出勤の申請』等を行なうことが可能です。
詳しい内容については、以下のページをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
4人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ