フォローする

法定内残業と週40時間以上の労働について

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • エンタープライズ
割増賃金の設定で時間外労働割増賃金の設定を行なうことができます。
その際、『法定内残業』と『週40時間以上を残業とする』設定について、どのような設定であるかを詳しく説明いたします。

法定内残業

就業規定に於ける定時勤務が法定労働時間(8時間)を下回る場合の、定時以降かつ法定労働時間以内の労働を指します。

以下に法定内残業の範囲と、給与明細への記載について図解しています。
定時が8時間以下の事業所の残業について

週40時間以上を残業とする

起算曜日以降の法定労働時間の合計が40時間を超過した場合、以降の労働時間をすべて時間外労働として扱います。
※週の労働時間の合計を44時間で設定するには、特例事業に該当する必要があります
※本機能は、変形労働時間制に該当しない、通常の労働時間制での機能です


以下に「週の労働時間」について図解しています。
週40時間以上を時間外労働とする


 
定時が8時間以下の事業所の残業について


 
週40時間以上を時間外労働とする
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください