フォローする

給与明細に表示する項目を設定する

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • エンタープライズ
給与明細の画面で表示する項目を設定することができます。
例えば、『有給休暇の管理を別で行なっているため、タイムカードの給与明細に残有給数などが表示されていると混乱する』などといった場合に該当項目を非表示に設定することができます。

【給与明細項目表示設定】を設定できるようにする

 
  1. 管理画面から基本設定を開きます。
    1.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    上部メニューから 『設定 > 基本』をクリックし、基本設定を開きます。
  2. 給与明細項目の表示設定を編集します。
    2.png
    『給与』の項目にある『給与明細項目表示設定』を【設定する】にします。
  3. 給与明細の項目表示を設定します。
    3.png
    設定可能な項目には『勤怠欄』と『支給欄』があり、設定項目が多いため大半が隠れた状態になっています。
    『さらに表示する』をクリックして項目全体を表示し、設定してください。

    設定項目についてはこちらをご覧ください

設定可能な項目の一覧

『備考欄』と『支給欄』をすべて表示した状態です。

【表示する】・・・・給与明細に該当の項目が表示されます
【表示しない】・・・給与明細で該当の項目が表示されません

各項目の詳細いついてはこちらをご参照ください。
 

給与明細表示項目設定で設定可能な項目

勤怠欄 詳細
時間外労働時間 8時間以上の勤務を行なった際に表示されます。
法定内残業時間 法定内残業時間が有効になっており、8時間以内に所定労働時間を設定していた場合、労働時間が所定労働時間を過ぎてから8時間に達するまでの労働時間が表示されます。
月45時間超時間外労働時間 月45時間以上の時間外労働賃金割増を適用している状態で、月45時間以上の労働を行なった際に表示されます。
月60時間超時間外労働時間 月60時間以上の時間外労働賃金割増を適用している状態で、月60時間以上の労働を行なった際に表示されます。
深夜労働時間 22時〜翌5時の間に労働を行なった際に表示されます。
所定休日労働時間 休日設定にて、所定休日に設定された日の労働時間が表示されます。
法定休日労働時間 休日設定にて、法定休日に設定された日の労働時間が表示されます。
※法定休日:週1日、または4週4日の休日
遅刻回数 遅刻の回数が表示されます。
遅刻時間 遅刻の合計時間が表示されます。
早退回数 早退の回数が表示されます。
早退時間 早退の合計時間が表示されます。
欠勤日数 欠勤した日数が表示されます。
取得有給日数 有給休暇を使用した日数が表示されます。
有給残日数 有給休暇の残り日数が表示されます。
支給欄 詳細
時間外労働賃金 時間外労働分の賃金額が表示されます。
法定内残業賃金 時間外労働賃金の内訳として、法定内残業分の賃金額が表示されます。
月45時間超時間外労働賃金 時間外労働賃金の内訳として、45時間以上の時間外労働分の賃金額が表示されます。
月60時間超時間外労働賃金 時間外労働賃金の内訳として、60時間以上の時間外労働分の賃金額が表示されます。
深夜割増 深夜労働分の賃金額が表示されます。
所定休日労働賃金 所定休日労働分の賃金額が表示されます。
法定休日労働賃金 法定休日労働分の賃金額が表示されます。

給与明細の表示サンプル

 
設定可能なすべての項目をONにした状態

〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
 
設定可能なすべての項目をOFFにした状態

 
非表示項目に賃金が発生している状態
...
画像は【時間外労働賃金】と【深夜割増】に賃金が発生しているが、表示設定が『非表示』になっている状態です
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ