フォローする

スマレジPOSとの連携を行う

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • エンタープライズ
タイムカードとスマレジPOSとの連携を行なうことで、タイムカード上で売上と客数の確認したり、タイムカードの出退勤情報からスマレジPOSへ人件費情報を送信できます。
 

連携の設定を行なう(スマレジ管理画面)


  1. スマレジ管理画面からタイムカード連携の設定を行ないます。
    __________2018-02-12_16.19.02.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    スマレジ管理画面の左メニューから『設定 > システム連携 > タイムカード連携』と進みます。
  2. タイムカード連携画面でアクセストークンを発行します。
    __________2018-02-12_16.19.22.png
    タイムカード連携画面で『受信設定』タブを『連携オン』にし『アクセストークン発行』をクリックします。
    ※アクセストークンはタイムカードでも使用しますので控えておいてください
    【更新】をクリックします。
    __________2018-02-12_16.42.11.png

連携の設定を行なう(タイムカード管理画面)


  1. タイムカード管理画面でPOSとの連携を設定します。
    image01.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    上部のメニューから『設定 > POS連携』と進みます。
    ※【POS連携】の項目が表示されていない場合はこちらの設定をご確認ください
  2. POS連携設定で新しいPOS連携を作成します。
    image02.png
    『送信設定』タブを選択し、【新しいPOS連携を作成】をクリックします。
  3. 情報を入力して新しいPOS連携を作成します。
    image03.png
    連携したい事業所の『契約ID』と先ほどスマレジPOSで発行した『アクセストークン』を入力し、【作成】をクリックします。
  4. スマレジPOSと連携する事業所を選択します。
    image04.png
    タイムカード管理画面の上部メニューから『事業所』を選択し、スマレジPOSと連携したい事業所を選択します。
  5. 事業所の設定を編集します。
    image05.png
    事業所基本情報画面より、『基本情報』の【設定を編集】をクリックします。
  6. 連携を行なうスマレジPOS事業所を設定します。
    image06.png
    事業所編集画面最下部の『POS連携』の項目で、連携したいスマレジPOS事業所を選択し、【保存】をクリックします。

スマレジPOSと連携した情報を表示する


  1. タイムカード管理画面から今月のシフトを開きます。
    shift-img3.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    上部メニューから『勤怠 > 今月のシフト』をクリックします。
  2. シフト表からスマレジPOSとの連携が行なえます。
    image07.png
    シフト表下部の【スマレジ事業所情報と比較する】をクリックします。
  3. スマレジPOSでの純売上、客数が表示されます。
    image08.png

【POS連携】の項目を表示させる


  1. タイムカード管理画面から基本設定の画面を開きます。
    image02.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    上部メニューから『設定 > 基本』をクリックします。
  2. 基本設定でPOS連携をONにします。
    posfederation_setting_02.png
    『連携』の項目にある『POS連携』を『連携する』に変更し、【設定を保存】をクリックします。
  3. 設定メニューに『POS連携』の項目が追加されました。
    image03.png

    ワンポイントアドバイス

    事業所情報とスマレジPOSを紐づけることにより、シフト画面で日毎の純売上、客数を表示することができます。
    シフト作成時に過去の売上情報や来店客数を比較、検討しながら、その日の適正人数・メンバー構成を設定する際にお役立ていただけます。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ