フォローする

日毎のシフトを登録する

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • エンタープライズ

日ごとのシフト内容を登録します。
登録はドラッグ&ドロップを使って、かんたんに行なうことができます。
このページでは、日ごとのシフト登録とシフト表の印刷方法についてご案内します。

実績の管理(遅刻/早退/欠勤)を行うためにはシフトの登録が必要です。
登録されたシフトをもとに、当日の勤務ステータス(遅刻/早退/欠勤)が判定されます。
各勤務ステータスの詳細についてはこちらをご確認ください。

 

今日のシフトを登録する

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. 管理画面で『今日のシフト』を開きます
    image_01.png
    image_01.png
    左メニューから『勤怠 >出退勤 > 今日のシフト』をクリックします。
  2. 今日のシフト画面でシフトを入力します
    image_02.png
    image_02.png
    該当の従業員のカレンダー上でシフトを作成します。
    シフト開始時間をクリックし、シフト終了時間までドラッグします。

    ドラッグ時の時間単位を変更する

    今日のシフト画面では、ドラッグで設定する時間の切り替え単位(スナップ)を変更できます。
    today_shift_08.png
    歯車のアイコンをクリックします
    today_shift_09.png

    現在の設定分数をクリックし、利用する分数を選択します。

    1分、5分、10分、20分、30分、60分から選択できます。

  3. 入力したシフトを保存します
    image_03.png
    image_03.png
    画面下部の【シフトを保存する】をクリックします。

    ワンポイントアドバイス

    同じシフトはコピーを利用すると便利です
    image_04.png
    指定したシフト時間は、コピーして他の従業員に貼り付けることができます。
    貼り付けを行なうことで、同じ内容のシフトを従業員毎に操作せずに登録が可能です。

今日のシフト表を印刷する

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. シフト表印刷ページを開きます
    today_shift_05.png
    today_shift_05.png
    【シフト表印刷ページ】をクリックします。
  2. シフト表を印刷します
    today_shift_06.png
    today_shift_06.png
    【印刷する】をクリックすると、ご利用端末の印刷画面が開きます。

    時間表示が入らないシフト表の印刷

    シフト表では勤務時間表示の有無を切り替えられます。
    today_shift_07.png
    『シフトの時間を非表示にする』にチェックを入れると、勤務する時間が表示されていないシフト表を印刷できます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ