定額減税の適用方法についてはこちらをご覧ください。
フォローする

曜日ごとにシフトを管理する(週勤務予定)

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • エンタープライズ

週勤務予定とは

従業員区分ごとに曜日単位の勤務時間を登録します。
該当区分の従業員には、設定した勤務時間がシフトとして適用されます。
勤務時間が固定されている事業所などでご活用いただける機能です。

実績の管理(遅刻/早退/欠勤)を行なうためには、週勤務予定を含めたシフトの登録が必要です。
登録されたシフトをもとに、当日の勤務ステータス(遅刻/早退/欠勤)が判定されます。
各勤務ステータスの詳細についてはこちらをご確認ください。

週勤務予定の設定方法

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. 管理画面から『従業員区分』を開きます
    01_yobi_shift.png
    ナビゲーションメニューから『従業員 > 従業員区分』とクリックします。
  2. 設定を行なう従業員区分を選択します
    02_yobi_shift.png
    週勤務予定を適用する従業員区分の【編集】をクリックします。
    週勤務予定の利用には、運用に合わせた従業員区分を設定し、従業員に割り当てる必要があります。
    設定の詳細はこちらをご覧ください
  3. 勤務設定の編集を行ないます
    03_yobi_shift.png
    『週勤務予定の適用』項目の【する】にチェックを入れます。
  4. 曜日ごとに設定を行ないます
    04_yobi_shift.png
    設定を行なう曜日の【ペンマーク】をクリックします。
  5. 勤務と休憩の時間を入力します
    05_yobi_shift.png
    勤務時間と休憩時間を設定し【保存】をクリックします。

    勤務する曜日はすべて設定する必要があります。
    ※休日となる曜日の設定は不要です
  6. 設定した週勤務予定を保存します
    06_yobi_shift.png
    『勤務設定』の右下にある【保存】をクリックします。

    週勤務予定を設定した場合のシフト表示について

    週勤務予定を設定することで、管理画面のシフト確認画面で勤務予定の時間が表示されます
    week_shift_07.png
    設定した曜日の勤務時間は、変更しない限り継続します。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ