フォローする

【勤怠管理編】プラン別でみる便利機能

タイムカードには勤怠管理を行なう際に使える便利な機能が様々ございます。
このページではプラン別に便利機能をご案内しています。

タイムカードのプランと料金について

タイムカードには【スタンダード・プレミアム・エンタープライズ】と3種類のプランがございます。
ご契約プランによって利用できる機能や料金が異なりますので、
詳しくは以下の弊社ホームページをご参照ください。



全プラン対象

  1. 打刻専用画面の利用

    従業員が自身の端末(スマートフォンやPC)で勤怠打刻を行なう際に、 打刻専用の画面URLを配布することで、管理画面へログインすることなく勤怠打刻することが可能です。
    benrikinou_001.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    打刻専用画面の利用の詳細については、以下のページをご覧ください。


  2. 『応援機能』を利用して事業所を跨いで勤怠打刻する

    事業所に出勤後、別事業所へ移動し勤務する場合に『応援機能』を利用することで、 別事業所で勤務し、退勤することが可能です。
    事前に勤務する事業所へ従業員の所属が必要です
    benrikinou_002.png
    『応援機能』の詳細については、以下のページをご覧ください。


プレミアム、エンタープライズプラン対象

  1. 週勤務予定でシフト管理を行なう

    曜日ごとに勤務時間が固定で決まっている場合は、シフト作成ではなく『週勤務予定』機能を利用することで、 曜日で1週間の勤務時間を設定することが可能です。
    毎月のシフト作成と同様に『今月のシフト』画面などに勤務時間はもちろん、『遅刻・早退・欠勤』フラグも表示されます。
    ______003.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    週勤務予定でのシフト管理の詳細については、以下のページをご覧ください。


エンタープライズプラン対象

  1. 労務アラートで勤務時間を管理する

    残業時間や遅刻回数など、様々な勤怠情報を集計対象とし、集計時間を元にアラートを発生させる上限値を設定することが可能です。
    設定した残業時間や遅刻回数の上限値を超えそうな従業員や、上限値を超えた従業員に対して、「注意アラート」「警告アラート」をメールで送信します。
    この機能を使うことで、残業時間や遅刻回数などの上限オーバーを未然に防ぐことが可能です。
    benrikinou_004.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    労務アラートの詳細については、以下のページをご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
4人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ