フォローする

源泉徴収票を出力する

従業員の源泉徴収票を出力することができます。

【対象とする使用例】
・退職した従業員の源泉徴収票
・年末調整対象ではない従業員の源泉徴収票
・確定申告等を行う従業員の源泉徴収票

このページでは退職した従業員への発行を例として、源泉徴収票の出力方法をご案内いたします。

操作手順

  1. 【給与 > 源泉徴収票】を選択し、源泉徴収票出力画面を開きます。
    image1.png
  2. 源泉徴収票出力画面で、従業員の各情報を入力します。
    入力が完了したら画面下部の『源泉徴収票を出力する』をクリックして出力することができます。
    入力項目については画像下の表をご覧ください。
    image2.png

    源泉徴収票出力時に入力する項目

    項目 内容
    対象の従業員 対象の従業員を選択します。

    洗濯欄をクリックすると従業員名が表示されます。
    テキスト入力で検索を行なうことも可能です。(部分一致で抽出されます)
    退職時の源泉徴収票 出力する源泉徴収票の種類を設定します。

    退職する従業員の源泉徴収票を出力する場合はチェックを入れてください。
    対象年 出力する源泉徴収票の対象年を選択します。

    源泉徴収票の種類によって、従業員の年齢表記が異なります。

    退職時の源泉徴収票:対象年前年の12月31日時点の年齢
    それ以外:対象年の12月31日時点の年齢
    給与情報 【集計期間】
    給与情報に反映させる期間を指定します。
    期間を指定することで『給与』『賞与』に金額が反映されます。
    対象年に実際に支払のある期間を指定してください。
    ※退職時の源泉徴収票を発行する際などに使用します

    期間指定時の注意

    対象年中に『実際に支払を行なった』期間を指定する必要があります。
    給与の締めと支払のサイクルによって指定される金額が変わりますのでご注意ください。

    <例>6月末に退職とした場合
    ----------
    支払サイクル:毎月末日締め、翌日25日支払
    対象年の前年12月〜対象年6月までを選択

    支払サイクル:毎月15日締め、当月末日支払
    対象年1月〜対象年7月(6/16以降が7月分となる)
    ----------
    などとなります。

    対象の年に支給された給与の『計算元になっている月』を指定します。

    【調整額】
    スマレジ・タイムカード上での勤務実績のない部分の金額を入力してください。 (前職の給与など)
    書類種別 源泉徴収票の種別(受給者交付用/税務署提出用)を選択します。

    ・受給者交付用
    従業員に発行する源泉徴収票のこと
    マイナンバーの記載が不要

    ・税務署提出用
    税務署へ提出する源泉徴収票のこと
    マイナンバーの記載が必要(配偶者特別控除の対象となる配偶者、16歳未満の扶養親族を除く)。

    ※市町村提出用の源泉徴収票を出力することはできません
    摘要欄 摘要欄に記載する内容を入力します。
    行追加して複数の内容を入力することも可能です。
    ※一行につき30文字まで入力できます(追加後の最大は3行まで)

ワンポイントアドバイス

源泉徴収税を適用させる方法については、以下のページをごらんください。
源泉徴収税を適用させる
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください