フォローする

年末調整機能について

plan_timecard_03_only_enterprise.jpg
【年末調整とは】
調整を行う『年』の、1月〜12月の各給与や賞与から源泉徴収された所得税の合計額と、
確定した年間の給与総額対する所得税額を比較し、差額の解消を行う処理です。
年末調整は『従業員が行う処理』と『労務担当者が行う処理』がありますが、
スマレジ・タイムカード 年末調整ではどちらにも対応しています。

ワンポイントアドバイス

実際に反映される年末調整の計算の仕組み。

【2018年の場合】
①2018年1月〜2018年12月までに源泉徴収された所得税の合計額を算出する。
②2018年1月〜2018年12月の給与総額から実際の所得税額を算出する。
③【1】と【2】の差額を算出する。
④【1】よりも【2】の額が少ない場合は還付され、【1】よりも【2】の額が多い場合は追加徴収されます。
 

年末調整を行う

年末調整の作成や閲覧はタイムカード管理画面の『給与』アイコンから行ないます。
image01.png

『年末調整』の項目表示について

年末調整の項目は、システム管理者、もしくは『年末調整編集』か『年末調整閲覧』の権限が付与されている従業員でログインした場合のみ表示されます。
権限のない従業員でログインした場合は項目が表示されません。

『年末調整』の権限付与については、こちらをご参照ください
 
  1. 『給与 > 年末調整』から行ないます。
    新しい年末調整の作成と、既存の年末調整の確認が可能です。
    詳細な作成方法については、こちらをご参照ください。

  2. 作成した年末調整内で入力を行ないます。
    入力は各従業員が行います。
    各控除書類の申請内容を入力することができます。
    詳細な入力方法については、こちらをご参照ください。

  3. 従業員詳細入力後の年末調整を管理します。
    年末調整を確定し、必要書類を印刷します。
    年末調整に不備があった場合には再年調(再年末調整)が可能です。
    また年末調整に関する権限を従業員に付与することもできます。
    詳細についてはこちらをご参照ください。

ワンポイントアドバイス

年末調整の詳細については以下のサイトをご確認ください。
国税庁『平成30年 年末調整のしかた
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/nencho2018/pdf/h30nencho_all.pdf.pdf
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください