フォローする

ワークフローの設定方法

対象プラン

  • スタンダード
  • プレミアム
  • エンタープライズ
既存で登録されている『休日出勤申請』や『勤怠申請』以外に、オリジナルの申請内容を作成する事ができます。
このページでは、ワークフローの作成・編集方法についてご案内します。

ワンポイントアドバイス

ワークフローの作成を行なう際は、事前に『申請経路』の作成が必要です。
申請経路の作成方法については、以下のページをご覧ください。


ワークフローの作成を行なう

ワークフローの作成機能は、『管理者』か『システム管理者』のみ利用可能です。


  1. ワークフローの管理ページを開きます
    kanri.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    上部のメニューから『ワークフロー > ワークフロー』の順に選択します。
  2. ワークフローの作成ページを開きます
    kanri.png
    ワークフロー画面の【新規作成】をクリックし、ワークフロー作成を行ないます。
    すでに作成したワークフローを編集したい場合は、【編集】をクリックします。
  3. ワークフローの基本情報を登録します
    kanri.png
    『ワークフロー名』と『説明』を入力します。
    入力後、【保存】をクリックします。

    <入力例>
    ワークフロー名:購入稟議
    説明:物品を購入する場合は管理部や上長の承認が必要です。
    購入前に購入稟議の申請を必ずお願い致します。

    各フォームの詳しい内容については下記の一覧をご参考ください。
  4. ワークフロー申請時の『入力フォーム』を設定します
    kanri.png
    『フォームの種類を選択』をクリックし、申請時に必要となるフォームを追加します。
    フォームを選択し『 + 』をクリックすることで、入力フォーム画面に追加されます。

    各フォームの詳しい内容については下記の一覧をご参考ください。

    ワークフローの作成項目

    タイトルと説明文

    1. kanri.png
      《入力フォーム》
      作成するワークフローを表示した際にわかりやすいよう、『タイトル』『説明文』を追加できます。
    1. kanri.png
      《入力した例》

      ■ この項目に登録した内容

      【タイトル】:購入凛議
      【説明文】:備品を購入する申請フォームです。

    テキスト入力

    1. kanri.png
      《入力フォーム》
      テキストの入力フォームを配置し、必要な項目の登録を促します。
      ※この項目では『1行のテキスト』が入力可能です
    1. kanri.png
      《入力した例》

      ■ この項目に登録した内容

      【ラベル】:申請者氏名
      【注釈】:申請者の氏名を入力してください。
      【必須】:[必須にする]
      【初期値】:*登録なし*

    複数行テキスト入力

    1. kanri.png
      《入力フォーム》
      テキストの入力フォームを配置し、必要な項目の登録を促します。
      ※この項目では『複数行のテキスト』が入力可能です
    1. kanri.png
      《入力した例》

      ■ この項目に登録した内容

      【ラベル】:購入物品概要
      【注釈】:購入物品の概要を出来るだけ詳しく入力してください。
      【必須】:[必須にする]
      【初期値】:*登録なし*

    日付

    1. kanri.png
      《入力フォーム》
      申請の際に必要な日付の情報を入力し記録できます。
    1. kanri.png
      《入力した例》

      ■ この項目に登録した内容

      【ラベル】:発注日
      【注釈】:発注日を入力してください。
      【必須】:[必須にする]

    日付+時間

    1. kanri.png
      《入力フォーム》
      申請の際に必要な日付と時間の情報を入力し記録できます。
    1. kanri.png
      《入力した例》

      ■ この項目に登録した内容

      【ラベル】:購入物品が必要な日時
      【注釈】:購入する物品が必要な日時を入力してください。
      【必須】:[必須にしない]

    時間

    1. kanri.png
      《入力フォーム》
      申請の際に必要な時間の情報を入力し記録できます。
    1. kanri.png
      《入力した例》

      ■ この項目に登録した内容

      【ラベル】:到着時刻
      【注釈】:おおよその到着時刻を入力してください。
      【必須】:[必須にしない]

    数値

    1. kanri.png
      《入力フォーム》
      申請の際に必要な数値の情報を入力できます。
    1. kanri.png
      《入力した例》

      ■ この項目に登録した内容

      【ラベル】:購入金額
      【注釈】:購入金額を入力してください。
      【必須】:[必須にする]
      【初期値】:*登録なし*
      【単位】:円

    ラジオボタン

    1. kanri.png
      《入力フォーム》
      申請の際に、あらかじめ設定した選択肢の中からボタン利用して選ぶことができます。
    1. kanri.png
      《入力した例》

      ■ この項目に登録した内容

      【ラベル】:部署
      【注釈】:申請者の部署を選択してください。
      【選択肢】:管理部 / CS部 / 営業部

    セレクトボックス

    1. kanri.png
      《入力フォーム》
      申請の際に、あらかじめ設定した選択肢の中からボックスを利用して選ぶことができます。
    1. kanri.png
      《入力した例》

      ■ この項目に登録した内容

      【ラベル】:購入先
      【注釈】:物品を購入する取引先を選択してください。
      【選択肢】:〇〇株式会社 / △△商事 / □□電機

    チェックボックス

    1. kanri.png
      《入力フォーム》
      申請の際に、あらかじめ設定した選択肢にチェックを入れて選ぶことができます。
    1. kanri.png
      《入力した例》

      ■ この項目に登録した内容

      【ラベル】:購入品の用途
      【注釈】:購入する物品の使用用途を選択してください。
      【必須】:[必須にする]
      【選択肢】:来客対応 / 個人使用 / 部署全体 / その他

    ファイルアップロード

    1. kanri.png
      《入力フォーム》
      申請の際に、ファイルデータをアップロードできます。
    1. kanri.png
      《入力した例》

      ■ この項目に登録した内容

      【ラベル】:領収証アップロード
      【注釈】:購入物品の領収証をアップロードしてください。
      【必須】:[必須にする]


    ワンポイントアドバイス

    1. 作成したフォーム内容は『プレビュー』から確認が可能です
      kanri.png
  5. 入力フォームを作成/保存します
    kanri.png
    画面下部の【確認して保存】をクリックします。
  6. 入力フォームを確認/保存します
    kanri.png
    作成した入力フォーム内容を確認し、【保存】をクリックします。
  7. 申請経路を追加するページを開きます
    kanri.png
    ワークフローが申請された際の申請経路を設定します。
    【申請経路を追加】をクリックします。
  8. 申請経路を選択します
    kanri.png
    『申請経路』で申請時の申請経路を選択します。
    選択した申請経路を確認する場合は【詳細を表示】をクリックします。
  9. 適用条件を設定します
    kanri.png
    『適用条件』では、選択した申請経路を適用する条件を設定可能です。
    『全ての申請者に適用』を選択すると、全ての申請内容に対しても選択した申請経路が適用されます。
    『適用条件を設定』を選択した際の設定内容については、以下のリンクからご確認ください。
    『適用条件を設定』について
  10. 『申請時の経路編集』を設定します
    kanri.png
    申請時に、申請者によって経路の編集を許可するかを設定可能です。
    『許可する』に設定した場合、承認者を追加したい時などに利用できます。

    ワンポイントアドバイス

    『申請時の経路編集』の機能については、以下のページをご覧ください。

  11. 作成したワークフローを保存します
    kanri.png
    ワークフローの作成完了後、『保存』をクリックします。


『適用条件を設定』について

ワークフロー作成時に、申請された内容によって申請経路を切り替えることが可能です。
例えば、購入稟議をワークフローで作成した場合、申請時の購入金額によって申請経路を切り替えることが可能です。
ここでは『購入稟議』のワークフローを作成した場合を仮定し説明を行なっています

  1. 申請経路の適用条件を設定します
    kanri.png
    〈画像をクリックすると大きなサイズで表示されます〉
    申請経路を追加画面の『適用条件』を『適用条件を設定』に選択します。
  2. 『入力項目』を選択します
    kanri.png
    『入力項目』と『値』が表示されます。
    入力フォームで選択した項目のうち【数値・ラジオボタン】が『入力項目』として選択可能です。
    『数値・ラジオボタン』で登録した『ラベル』が入力項目に表示されます。
    申請経路に対し適用させたい内容を選択します。
  3. 選択した入力項目に対して【値】を選択します
    kanri.png
    <例>
    入力項目:数値で設定したラベル名『金額』
    値:『500000』『以上』

    上記で設定した場合は、購入稟議の申請を行なう際に
    入力フォームの『金額(数値)』が500000円以上で入力された場合に適用される申請経路となります。
  4. 適用条件によって申請経路を追加できます
    kanri.png
    追加する場合は【申請経路を追加】をクリックし、同様に『申請経路』や『適用条件』を設定します。

ワンポイントアドバイス

作成したワークフローを利用し、申請する方法については以下のページをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ