フォローする

労務規定の機能について

plan_timecard_03_only_enterprise.jpg
労務規定を設定することで、残業時間が長すぎる従業員や、遅刻や欠勤の回数が多い従業員の管理が可能です。 また、注意や警告のメールを送り、従業員自身に注意を促すことも可能です。
 

事業所は36協定に沿った勤務管理を行なうよう定められています

一般的に事業所には時間外労働(残業)について36協定に基づいて上限時間が定められています。
上限時間を超えて勤務を行なわないよう、事業所は従業員の勤務状況を適切に管理する必要があります。

労働規定機能

タイムカード管理画面 > ナビゲーション 【労務規定】を選択します。
メニューが表示されるので、『警告・違反通知一覧』と『労務規定管理』から表示するページを選択します。
roumu_01.png
 
 
【警告・違反通知一覧】
設定した労務規定に則り、規則に反した勤務を行なわれた場合はこの一覧へ表示されます。
roumu_02.png
 
 
【労務規定管理】
設定している労務規定を一覧が表示されたます。
新規の労務規定の追加を行なったり、既存の規定を修正することができます。
roumu_03.png
 

警告や違反を一覧で確認する

タイムカード管理画面 > ナビゲーション 【労務規定】 > 警告・違反通知一覧 と選択します。
労務規定に沿わない勤務が行なわれた場合は表示されます。
一覧では担当者名、元になっている規定、内容、通知日が確認できます。
roumu_05.png
 
 
一覧右端の『詳細』をクリックすると詳細画面が表示されます。
規定の内容や、一覧表示に至った実績、通知の履歴などが確認できます。
roumu_06.png
 

規定を変更しても、過去の内容などは変更されない

例えば、『上限4時間』で設定していた時間外労働時間の警告を『上限8時間』へ変更したとしても、4時間で通知された警告が一覧から消える、もしくは通知内容が書き換わることはありません。
 

登録済みの規定を確認したり、新規規定を作成する

タイムカード管理画面 > ナビゲーション 【労務規定】 > 労務規定管理 と選択します。
登録済みの規定が一覧で表示されています。
roumu_07.png
 
 
画面上部の【労務規定を作成】から新規規定を作成できます。
既存の規定は枠内の【編集】で内容を修正したり、【削除】することができます。
roumu_08.png
 

上限設定は複数設定可能

例えば、『遅刻の上限は月に6回だが、1週間のうちに3回(頻繁に)遅刻した場合には警告を行いたい』などと設定したい場合、同じ規定に上限設定を複数登録することで対応させることができます。
ただし、『本人への警告メールの通知有無などを、集計期間によって分ける必要がある』場合は、規定を別途作成してください。
 

ワンポイントアドバイス

36協定の詳細については以下のサイトをご参照ください。

労働基準監督署対策相談室『36協定のチェックポイント
https://www.roukitaisaku.com/taisaku/checkpoint.html
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください