フォローする

従業員の区分を設定する

注意してください

2018/04/18のアップデートに伴い、事業所詳細設定と従業員詳細設定の画面において、レイアウトが大幅な変更が行なわれました。
(参照:アップデートに伴う新規機能追加とレイアウトの変更(2018/04/18)
本ページでも、一部変更前のレイアウトのままで説明している箇所がございます。
随時修正を行なう予定ではございます。お手数ですが、それまでは上記参照ページも併せてご確認ください。
plan_timecard_02_over_premium.jpg
※スタンダードプランでも従業員区分設定はご利用いただけますが、プレミアム以上のプランでは休日や割増賃金など、給与に関わる設定も可能になるため、より便利にご活用いただけます。

登録した従業員に『正社員』や『管理職』などの区分を割り当てることができます。
割り当てた区分ごとに、それぞれ【所定労働時間】【休日】【賃金の割増設定】などの適用を設定することができるため、「『正社員』を割り当てた従業員には時間外労働賃金の割増を適用し、『管理職』を割り当てた従業員には適用させない」といった設定が可能です。

従業員区分の設定方法

  1. タイムカード管理画面の『設定 > 従業員区分設定』を開きます。
    image00.png
  2. 『新しい従業員区分を作成』をクリックします。
    既に登録されている従業員区分を編集する場合は『編集』をクリックします。
    image01.png
  3. 従業員区分の登録を行います。
    各項目入力を行い、画面下部の『作成』をクリックします。
    詳しい設定項目内容については画像下の【設定項目一覧】をご参考ください。
    image02.png

    設定項目一覧

    項目 内容
    従業員区分名 従業員区分名を入力します。
    ※50文字以内で入力してください。
    ※初期設定の従業員区分名は変更できません。
    割増賃金設定 適用する割増賃金を設定します。
    ※従業員区分で割増賃金を設定しても、『基本設定』で割増賃金を『適用する』にしていない場合は適用されません。
    割増賃金の詳しい設定方法についてはこちらのページをご覧ください。
    休日設定 従業員区分ごとに休日を設定することが可能です。
    基本設定または事業所設定で設定した休日設定とは違うものを適用する場合に使用します。
    労働時間設定 従業員区分ごとに所定労働時間を適用することができます。
    基本設定で設定した所定労働時間と異なる設定を適用する場合に使用します。
    勤務設定 従業員区分ごとに勤務予定曜日を設定することができます。
    シフトを使用せず、勤務が決まった曜日と時間の場合に利用することができます。

従業員区分の適用方法

  1. タイムカード管理画面の『従業員』を開き、従業員区分を設定する従業員を選択します。
    image001.png
  2. 『基本情報を編集』をクリックします。
    image002.png
  3. 『従業員区分』項目で従業員区分を設定します。
    設定後、画面下部の『保存』をクリックします。
    image003.png
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください