フォローする

プロジェクトの管理を行う

plan_timecard_03_only_enterprise.jpg
タイムカードでは、プロジェクトの管理を行うことが出来ます。
担当の従業員やステータス・進捗率の管理等を行い、プロジェクトの完了までを管理することが出来ます。

プロジェクトの作成方法

  1. 管理画面の『プロジェクト』のメニューをクリックします。
    プロジェクトの管理画面が開きますので 『プロジェクトを追加』のボタンをクリックしてプロジェクトを作成する画面を開きます。
    image01.jpg
  2. プロジェクト作成画面が開きます。各項目に入力をしていきます。
    設定項目:【基本情報】【進捗】【予算】【実績】【関連する申請】

    【基本情報】の設定を行います。詳しい設定内容については画像下の【設定項目内容】をご覧ください。
    image02.jpg

    設定項目内容

    項目 内容
    プロジェクトグループ名 プロジェクトグループの名称を入力します。 
    255文字以内で入力してください。
    プロジェクト名 プロジェクト名を入力します。255文字以内で入力してください。
    予定期間 プロジェクトの開始予定日と終了予定日を設定します。
    ステータス プロジェクトの状態を設定します。ステータスは『プロジェクトステータス管理』で項目を追加編集することができます。
    概要 2000文字以内でプロジェクトの概要を入力できます。
  3. 【進捗】の項目では進捗率を設定します。
    また外部からAPIで進捗率を読み込むことも可能です。
    ※別途APIの構築を行って頂く必要があります。
    image03.jpg
  4. 【予算】の項目ではプロジェクトの予算を設定します。
    金額だけではなく、関わる従業員の管理等も行うことができます。
    image04.jpg
  5. 【実績】の項目ではプロジェクトの実績を設定します。
    日報タグとして管理することで、タグの集計も可能となります。
    詳しい設定内容については画像下の【設定項目内容】をご覧ください。
    image05.jpg

    設定項目内容

    項目 内容
    プロジェクト日報タグ 『作成する』をオンにすると、プロジェクトの実績として登録するタグを作成することができます。
    タグは『カラー』『タグ名』『タググループ名』『区分』『メモ』『従業員に表示』するかを設定できます。
    集計する日報タグ 実績として集計する日報タグを追加することができます。
    その他の費用を追加 外部従業員/物品など、プロジェクトにかかった費用を追加できます。
     
  6. 【関連する申請】の項目ではプロジェクトに関連する申請を設定します。
    プロジェクトの費用で発生した『購入稟議』等を紐付けることができます。
    『申請一覧』をクリックし、紐付ける申請のIDを確認可能です。
    申請のIDを入力後『申請を追加』をクリックします。

    image.png

    ワンポイントアドバイス

    【任意内容の申請フローを作成する】
    『カスタムワークフロー』という機能を利用することで、任意の内容でフローの作成や設定が行なえます。
    カスタムワークフローで設定した申請内容は、プロジェクトに紐付けすることができます。紐付けを行うことで、該当のプロジェクトに対して、どのような申請フローが設定されているか、申請や承認の状態などはどのような状態か管理することが可能です。

    カスタムワークフローについては下記のヘルプサイトをご参照ください。
    カスタムワークフロー機能とは
  7. プロジェクト設定完了後『作成』をクリックします。
    image10.png

プロジェクトの進め方

  1. プロジェクトに進捗があった場合、進捗率とステータスを変更しましょう。
    プロジェクト管理の画面から進捗のあったプロジェクトを開き、『プロジェクトを編集』をクリックして編集画面を開きます。
    image06.jpg
  2. 編集画面から情報を変更します。
    ステータスの欄で現在のプロジェクトの状態を変更することが出来ます。
    image07.jpg
  3. また、進捗欄で進捗状況を変更することが出来ます。
    完了している状態を100%とし、割合で表示させることが出来ます。
    image08.jpg
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください