フォローする

割増賃金(深夜労働・時間外労働・休日労働)の設定

plan_timecard_02_over_premium.jpg
時間外労働を行なった際の割増賃金を設定することができます。
時間外労働の割増賃金のほか、【深夜労働割増賃金】や【休日労働割増賃金】の設定も可能です。
割増賃金の賃金倍率も項目ごとに設定可能となります。

時間外労働・深夜労働・休日労働の割増賃金設定方法

  1. タイムカード管理画面の『設定 > 基本』を開きます。
    image01.png
  2. 『給与』の項目から、適用させる割増賃金の設定を行ないます。それぞれの項目を【適用する】をONにしていただくと、詳細な設定が可能になります。
    項目については下記の項目内容一覧をご参照ください。
    設定完了後、画面下部の【設定を保存】をクリックし、設定を適用させます。
    warimashi_02.png

    時間外労働割増賃金

    項目 内容
    時間外労働賃金
    賃金倍率
    賃金倍率を125%以上の整数で入力してください。
    法定労働時間(1日8時間)を超えた勤務に適用される設定です。
    (いわゆる『残業代の設定』を指します)
    法定内残業割増
    賃金倍率
    『適用する』にチェックを入れた場合、賃金倍率を100%以上の整数で入力してください。
    所定労働時間が法定労働時間を越えない設定(10時から18時までの勤務で休憩1時間:実働7時間などの場合)にしている際、法定労働時間を越えないが所定労働時間以上の勤務を行なった場合の割増設定を行ないます。
    週40もしくは44時間以上を残業とする 『適用する』にチェックを入れた場合、
    【週の残業時間(40時間 / 44時間)】と【決算日の曜日】を選択してください。

    適用されると、
    『週の法定労働時間の合計が40時間(44時間)を超えた勤務』
    を時間外労働として扱います。
    ※本機能を適用している場合も、【1日のうち、実働が8時間を超えた勤務】は時間外労働となります
    ※週の残業時間を44時間で設定するには、特例事業に該当する必要があります
    ※本機能は変形労働時間制には該当しない通常の労働時間制上の機能です
    〈例〉
    定時 9:00-17:00 / 休憩 1時間 / 週6日勤務(1日の実働は7時間)の場合
    7時間 × 6日 = 週の勤務時間 42時間
    この場合、2時間の時間外労働となります。

    上記の業務形態のまま、毎日1時間の残業を行なった場合。
    (法廷内残業は割増なしに設定)
    8時間 × 6日 = 週の勤務時間 48時間
    この場合、8時間の時間外労働となります。

    《計算の内訳》※月曜〜土曜の出勤と仮定します
    月曜〜金曜
    9:00〜18:00 / 休憩 1時間 / 実働8時間(内 法廷内残業1時間)
    ※この法廷内残業は設定により割増なし
    ※9:00〜19:00 / 休憩 1時間 / 実働9時間 の場合は法定内残業1時間・時間外労働1時間となります

    土曜
    9:00〜18:00 / 休憩 1時間 / 実働8時間(全時間が時間外労働扱い)
    金曜までの実働時間が法定40時間に達しているため、以降の勤務時間はすべて時間外労働となります。
    45時間以上の時間外労働賃金割増
    賃金倍率
    『適用する』にチェックを入れた場合、賃金倍率を125%以上の整数で入力してください。
    60時間以上の時間外労働賃金割増
    賃金倍率
    『適用する』にチェックを入れた場合、賃金倍率を150%以上の整数で入力してください。

    深夜労働割増賃金

    項目 内容
    深夜労働賃金
    賃金倍率
    『適用する』をONにした場合、賃金倍率を125%以上の整数で入力してください。
    22時から翌5時までを深夜とし、該当する時間中に勤務を行なう場合の割増設定を行ないます。
    この『深夜』に該当する時間を変更することはできません。

    休日労働割増賃金

    項目 内容
    所定休日賃金
    賃金倍率
    賃金倍率を100%以上の整数で入力してください。
    企業が定めた『法定休日ではない』休日を指します。
    この所定休日に勤務した際の割増設定を行ないます。
    法定休日賃金
    賃金倍率
    賃金倍率を135%以上の整数で入力してください。
    労働基準法で定められた「毎週1回(もしくは4週間で4回)の休日」に該当する休日を指します。
    この法定休日に勤務した際の割増設定を行ないます。

注意してください

営業時間帯別時給が適用されている場合、営業時間帯別時給に対して賃金倍率が適用されます。

ワンポイントアドバイス

従業員自身で深夜労働や時間外労働を行なった申請を行なうことができます。
詳しい内容については、以下のページをご覧ください。
・深夜労働の申請を行なう方法
・残業の申請を行なう方法
・休日出勤の申請方法

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください