フォローする

【STEP3】従業員の登録

勤怠管理を行う従業員の登録方法を案内します。

操作手順

  1. タイムカード管理画面の『従業員』をクリックし、従業員を管理する画面を開きます。
    ______00.jpg
  2. 『新しい従業員を作成』をクリックし、従業員登録の画面を開きます。
    ______1.jpg

基本情報

  1. 名前や性別等の基本情報を入力します。
    名前、フリガナ、性別は必須項目になるので、必ず入力をしてください。
    詳しい設定項目内容については、画像下の『設定項目一覧』をご覧ください。
    ______000.jpg

    設定項目一覧

    項目 内容
    名前 従業員の名前を入力します。
    ※50文字以内で入力してください。
    フリガナ 従業員のフリガナ名を入力します。
    ※50文字以内で入力してください。
    性別 従業員の性別を【未選択・男性・女性】から選択します。
    生年月日 従業員の生年月日を入力します。
    ※YYYY/mm/dd形式で入力してください。
    例)1991/01/01
    メールアドレス 従業員のメールアドレスを入力します。
    入力したメールアドレスは、ログイン時に使用します。
    ※255文字以内で入力してください。
    ※入力したメールアドレスへログインに必要な認証メールが送信されます。
    住所 従業員の住所を入力します。
    ※住所は200文字以内で入力してください。
    電話番号 従業員の電話番号を入力します。
    従業員区分 従業員の区分を設定します。
    ※『管理職』と『役員』は初期状態で時間外割増賃金と休日労働割増賃金の設定は適用されません。
    ※従業員区分の詳しい設定方法については、こちらのページをご参考ください。
    権限 従業員の権限を設定します。
    【システム管理者】に設定した場合は、事業所の役割・権限に関係なく、タイムカード内の全機能を閲覧・変更することが可能です。
    事業所の役割・権限を反映させる場合は【一般】を選択します。
    社員番号 従業員の社員番号を入力します。
    他社の給与計算ソフトと連携する際に使用します。 ※255文字以内で入力してください。
    従業員ラベル 従業員のラベルを設定します。
    従業員のラベルの詳しい設定方法については、こちらのページをご参考ください。
    入社日 従業員の入社日を設定します。
    YYYY/mm/dd形式で入力してください。
    例)2018/02/01
    退職日 従業員の退職日を設定します。
    YYYY/mm/dd形式で入力してください。
    例)2018/02/01
    設定した退職日を過ぎると、『従業員管理』上でタイムカードの利用がオフになります。
    従業員画像 従業員のを設定します。
    JPEG/PNG/GIF形式(2MBまで)に対応しています。
    画像推奨サイズ(横:384px 縦:384px)
    自動で推奨サイズにトリミングされます。
    設定した従業員画像は、出退勤打刻画面で打刻(カメラ撮影)していない状態時に表示されます。
    出退勤パスコード 出退勤時に使用します。
    整数4桁で入力してください。

所属

  1. 従業員が所属する事業所を設定します。
    『所属事業所を追加』のボタンから事業所を選択します。
    ※あらかじめ事業所を作成しておく必要があります。
    __________2018-02-04_15.59.55.png
  2. 事業所を選択したら、その事業所での役割を選択します。
    ※あらかじめ役割を登録しておく必要があります。
    __________2018-02-04_16.37.42.png

勤怠

  1. 所定労働時間の設定を行います。
    【所定労働時間 従業員独自設定の適用】をするかしないか設定します。『する』場合は『所定労働時間設定を追加』をクリックします。
    従業員ごとに1日の所定労働時間が異なる場合に設定します。
    従業員ごとに設定を行うことで、時間外勤務時間などが従業員に合った計算が適用されます。
    ______04.jpg
  2. 所定労働時間を入力します。
    詳しい設定内容については、こちらのページをご覧ください。
    入力完了後、『所定労働時間設定を追加』をクリックします。
    ______06.jpg
  3. 次に、休日設定を行います。
    従業員ごとに休日設定を行う場合は『する』にチェックを入れます。
    【通常勤務・所定休日・法廷休日】を設定することが可能です。
    従業員ごとに1日の所定労働時間が異なる場合に設定します。
    従業員ごとに設定を行うことで、時間外勤務時間などが従業員に合った計算が適用されます。
    『しない』にチェックを入れた場合は、事業所や基本設定の休日設定が反映されます。
    ______07.jpg

給与

  1. 賃金の設定を行います。
    『賃金設定を追加』をクリックします。
    ______08.jpg
  2. 給与形態(時給・日給・月給)を選択し、賃金を入力します。
    入力が完了したら『賃金設定を追加』をクリックします。
    ※月給に固定残業代を設定する場合は、こちらのページをご参考ください。
    ______09.jpg

交通費設定

  1. 交通費の設定を行います。
    『交通費設定を追加』をクリックします。
    ______10.jpg
  2. 交通費形態(勤務ごとか月額か)を選択し、交通費を入力します。
    入力が完了したら『交通費設定を追加』をクリックします。
    各項目の詳しい設定については、画像下の一覧をご参考ください。
    ______11.jpg

    設定項目内容

    項目 内容
    交通費支給形態 【勤務回数ごと】
    1日に複数回出退勤打刻を行った場合でも都度支給されます。
    【勤務日数ごと】
    勤務した日数につき支給されます。
    【月額】
    ひと月に決まった金額が支給されます。
    適用開始時期 交通費を支給する適用開始時期を設定します。
    交通費 支給する交通費を入力します。
    カンマなしで入力してください。

自動手当

  1. 『手当の自動付与設定を追加』をクリックします。
    ______12.jpg
  2. 各項目の入力・設定を行い『手当の自動付与設定を追加』をクリックします。
    各項目の詳しい設定については、画像下の一覧をご参考ください。
    ______13.jpg

    設定項目内容

    項目 内容
    支給区分 【支給】または【控除】を選択します。
    手当名 手当の名称を入力します。
    区分 【勤務ごと】
    1日に複数回出退勤打刻を行った場合でも都度支給されます。
    【月額】
    ひと月に決まった金額が支給されます。
    【休憩ごと】
    休憩打刻を行う度に手当が支給されます。
    ※1日に最大2回休憩打刻可能
    金額 手当の金額を入力します。
    カンマなしで入力してください。
    適用開始時期 手当の自動付与を適用開始する時期を設定します。
    適用終了時期 手当の自動付与を適用終了する時期を設定します。
    対象事業所 手当の自動付与設定を行う対象事業所を設定します。
    賃金 【対象】にした場合は、雇用保険料計算に含みます。
    課税 課税対象とするかを設定します。

各種保険設定

  1. 【社会保険・労働保険(雇用保険)・源泉徴収税・住民税】設定を行うことができます。
    設定を行う項目を『する』にチェックを入れます。
    各項目の詳しい設定方法については、以下のヘルプページをご覧ください。
    社会保険を適用させる
    雇用保険を適用させる
    源泉徴収税を適用させる
    住民税を適用させる
    ______14.jpg
  2. 次に、『Web給与明細』の表示設定を行います。
    従業員のログイン情報で管理画面へログインした際に、トップ画面に従業員個人のWeb給与明細を表示することができます。
    ______15.jpg

打刻設定

  1. 【出退勤画面への表示】設定を行うことができます。
    ブラウザで打刻を行える出退勤画面上に従業員を表示するかどうかを選択します。
    『表示する』に設定した場合は、【個別Web出退勤画面設定】の設定が可能です。

    【個別Web出退勤画面設定】では、従業員のトップ画面にWeb出退勤へのリンクを表示するかを選択設定が完了後、『作成』をクリックします。
    ______16.jpg

その他

  1. 【年収目安】を設定することができます。
    従業員の年収目安を入力します。
    年収に上限を設定することで平均月収や年収目安を自動計算することができます。
    詳しい設定方法については、こちらのページをご覧ください。
    ______17.jpg
  2. 従業員の【表示順】を設定することができます。
    『シフト表』や『今月の実績』画面の従業員表示順に反映します。
    ※数値9桁以内で入力してください。
    ______17-2.jpg
  3. 従業員の利用設定を設定します。
    『利用する』に設定することで、タイムカードを利用することができます。
    ※従業員上限数にカウントされます。

    『利用しない』に設定することで、出退勤打刻できない状態となりますが、実績や給与は閲覧可能です。
    ※従業員上限数にカウントされません。

    全設定が完了後、『作成』をクリックします。
    ______17_____.jpg
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください