フォローする

シフト丸めの設定方法と適用について

  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • エンタープライズ

スマレジ・タイムカードでは、『シフト丸め』を設定できます。
『シフト丸め』とは、従業員が打刻した時間を、シフト予定の出勤・退勤時間に丸めることができる機能です。

このページでは、シフト丸めの設定方法や、適用した場合の丸めイメージをご紹介します。

『シフトの丸め』とは

打刻した時刻を、設定した単位で丸める機能です。
シフト予定がある日付で出勤・退勤打刻を行った場合のみ、シフト丸めが適用されます。
企業や事業所ごとに様々な運用方法があり、スマレジ・タイムカードでは幅広い運用に対応するため詳細な設定が可能となっています。
シフトは『今月のシフト』や『週勤務予定』で設定した勤務予定時間です

シフト丸めの設定方法

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. タイムカード管理画面から事業所一覧を開きます
    shift-marume-1.png
    左メニューから『事業所 > 事業所一覧』をクリックします。
  2. 設定を行なう事業所を選択します
    shift-marume-2.png
    シフト丸めの設定を行なう事業所名をクリックします。
  3. 基本情報の設定を編集します
    shift-marume-3.png
    画面右上の【設定を編集】をクリックします。
  4. シフト丸めの設定を行ないます
    shift_marume_04.png.png
    出勤・退勤の丸めを設定します。
    詳しくは、以下の表をご確認ください。

    設定後にページ下部にある【保存】をクリックすると、設定内容が反映されます。
    設定項目 設定内容 詳細
    丸める 『丸め単位』で設定した単位に合わせてシフト丸めが適用されます。 以下の操作において、シフト丸めが適用されます。
    ・勤怠の打刻(出勤・退勤)
    ・『今月の実績』で勤怠実績を登録
    ・勤怠の作成申請
    打刻実績のみ丸める 打刻を行なった場合のみシフト丸めが適用されます。 以下の操作において、シフト丸めが適用されます。
    ・勤怠の打刻操作

    その他の操作については『シフト管理単位』が適用されます
    丸めない シフト丸めは適用されません。 打刻した時間が『シフト管理単位』で丸められます。
    丸め単位 シフトの時間に合わせて丸める単位を設定します。 以下の単位に丸めることができます。
    1分 / 5分 / 10分 / 15分 / 20分 / 30分 / 60分

    丸めイメージはこちら

シフト丸めを過去の実績に対し適用する方法

シフト丸めの設定後、過去の勤怠実績に対し、『給与の再計算』を実施することでシフト丸めを適用することができます。
操作方法については、以下のヘルプページをご参考ください。
給与単位での適用となるため、特定の日付のみ適用することはできません

スマレジ・タイムカードにおけるシフト丸めの適用

スマレジ・タイムカードのシフト丸めは、設定された丸め単位(1分/5分/10分/15分/20分/30分/60分)に合わせて、打刻時間がシフト予定時間に丸められます。
シフト丸めが適用されなかった場合は、『シフト管理単位』の設定が適用されます。
詳しくはシフトが丸めが適用されない場合をご確認ください

シフト丸め単位 丸めイメージ
シフト出勤予定時間が9:00の場合
シフト丸めが適用される時間
1分 【打刻時間】8時59分
【丸め時間】9時00分
8時59分00秒〜9時00分00秒の間に打刻するとシフト丸めが適用されます。
5分 【打刻時間】8時56分
【丸め時間】9時00分
8時55分00秒〜9時00分00秒の間に打刻するとシフト丸めが適用されます。
10分 【打刻時間】8時51分
【丸め時間】9時00分
8時50分00秒〜9時00分00秒の間に打刻するとシフト丸めが適用されます。
15分 【打刻時間】8時46分
【丸め時間】9時00分
8時45分00秒〜9時00分00秒の間に打刻するとシフト丸めが適用されます。
20分 【打刻時間】8時40分
【丸め時間】9時00分
8時40分00秒〜9時00分00秒の間に打刻するとシフト丸めが適用されます。
30分 【打刻時間】8時31分
【丸め時間】9時00分
8時30分00秒〜9時00分00秒の間に打刻するとシフト丸めが適用されます。
60分 【打刻時間】8時00分
【丸め時間】9時00分
8時00分00秒〜9時00分00秒の間に打刻するとシフト丸めが適用されます。

シフト丸めが適用されない場合

設定されたシフト丸め適用されない時間に出退勤打刻した場合、シフト管理単位が適用されます
シフト管理単位についてはこちらをご確認ください

【例】
シフトの予定出勤時間:9時00分
シフト丸め単位:30分
シフト管理単位:15分(切り上げ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出勤打刻:8時20分
丸め時間:8時30分(シフト管理単位が適用)

シフト丸め単位が適用される8時30分より前の時間で打刻されているため、シフト丸めは適用されません。
そのため、この場合はシフト管理単位が適用され15分切上げで丸められた8時30分となります。

給与計算を丸めで行なうことは違法です

給与は、本来1分単位で計算して算出する必要があります。
そのため、シフト丸めの機能によって『業務を行なった時間が丸められて計算されていない時間がある』という状態にならないよう、運用にご注意ください。
この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ