フォローする

雇用保険を適用させる

plan_timecard_02_over_premium.jpg
雇用保険を適用させることで、給与明細に『雇用保険』の控除分が反映されます。
このページでは雇用保険の設定について説明します。

事業所の適用設定

事業所へ雇用保険の適用設定を追加します。
※『協会けんぽ』を利用する場合、事業所の住所設定が必須です

  1. 管理画面の『事業所』から雇用保険の設定を行なう事業所を選択します。
    koyouhoken_01.png
  2. 事業所の設定画面が表示されるので、【給与】項目を選択します。
    image02.png
  3. 給与の【労働保険】項目で設定します。
    【雇用保険業種】で3つの業種から1つ選択します。
    【一般業種、林水産・清酒製造事業、建設事業】 『チュートリアルでかんたん労働保険設定』を使用すると、必要な項目の説明付きで簡単に設定が行えます。
    image03.png
 
 

従業員の適用設定

従業員へ労働保険の適用設定を追加します。
※社会保険を設定するには、従業員の生年月日設定が必須です

  1. 管理画面の『従業員』項目から、労働保険の設定を行なう従業員を選択し、従業員詳細画面を開きます。
    koyouhoken_05.png
  2. 『基本情報を編集』をクリックし、従業員情報編集画面を開きます。
    【給与】項目を選択し、『設定を編集』をクリックします。
    image01.png
  3. 給与の【労働保険設定】を設定します。
    『チュートリアルでかんたん社会保険設定』を使用すると、必要な項目の説明付きで簡単に設定が行えます。
    【労働保険の適用】の『する』にチェックを入れ、『雇用保険適用事業所設定を追加』をクリックします。
    image04.png
  4. 雇用保険を適用する【適用開始月】と【保険資格取得事業所】を設定します。
    設定完了後『追加』をクリックします。
    image05.png
    項目 説明
    適用開始月 雇用保険が従業員に適用される開始月を設定します。
    設定した月から控除が開始されます。
    保険資格取得事業所 雇用保険の設定を行なった事業所から、適用させる事業所を選択します。
    ※雇用保険の設定を行なっていない事業所は表示されません
  5. 管理画面の『給与 > 月別の給与詳細』を開きます。
    koyouhoken_11.png
 
 

給与明細へ反映されたイメージ

給与明細では、『給与(総合)』の【控除】に追加されます。

  1. 管理画面の『給与 > 月別の給与詳細』を開きます。
    koyouhoken_11.png
  2. 社会保険を適用させた従業員の、給与明細欄の【明細】をクリックします。
    koyouhoken_12.png
  3. 従業員の給与明細が表示されます。
    控除の欄に適用された雇用保険の項目と控除額が表示されています。
    koyouhoken_13.png

ワンポイントアドバイス

雇用保険以外の各種控除設定については、以下のページをご覧ください。
・源泉徴収税を適用させる
・住民税を適用させる
・社会保険を適用させる

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください